商品7/9

前へ
商品リストに戻る
次へ

YAMAHA MMP1 当店では お歳暮 返品保証 年末年始のご挨拶 特価

YAMAHA MMP1 当店では お歳暮 返品保証 年末年始のご挨拶 特価

【製品概要】

近年のスタジオ環境は急速に進化しています。
従来ミキシングコンソールが担っていた多くの機能が、現在はDAWシステムに置き換わっています。
しかし、スタジオ機能として実用的なインボックスミキシング環境を構築するためには、モニターコントローラーをはじめとした、多くの周辺機器が必要になります。
さらには、イマーシブオーディオといった新しい規格への対応が求められる中で、最適なモニターシステム構築に必要な機器はより複雑なものとなっています。
ヤマハは、現在そして未来におけるオーディオプロダクションのニーズに向け、スタジオシステム構築のワンストップソリューションを見出しました。

スタジオモニターマネージメントシステムMMP1は、スタジオのモニター環境構築に欠かすことのできないオーディオプロセッシング機能の全てを、省スペースな2Uユニット1台に凝縮し、卓越したサウンドクオリティとシステム構築のフレキシビリティを圧倒的なコストパフォーマンスで実現します。

【製品特徴】

?あらゆる環境に対応する柔軟性の高いベースマネージメント
ベースマネージメントは、サラウンドモニタリング環境における低域制御に使用されます。
従来のベースマネージメントシステムは、イマーシブオーディオ制作に用いられる多種多様なスピーカー配置と、柔軟なルーティング設定への対応を実現しづらいものでした。
限られた種類のスピーカー配置のプリセットだけが用意されたシステムとは異なり、MMP1は、自在にルーティング可能な32×32ch*のスピーカーマトリックスを備え、その全クロスポイントにベースマネージメント用のクロスオーバーフィルターを持ち、さまざまなスタジオ環境にフレキシブルなベースマネージメントシステムを提供します。

標準のIIRフィルターに加え、高精度のリニアフェーズFIRフィルターを使用可能です。
メインチャンネルとLFEチャンネル間の位相干渉を最小限まで低減し、原音忠実で明瞭なサウンドと音像定位を実現します。

* 176.4 kHzおよび192 kHz時:16x16チャンネル。

?卓越したスピーカーマネージメントプロセッシング
MMP1は、音声の入力から出力最終段までをトータルにサポートします。
タイムアライメントディレイ、6バンドRoom EQ、32chのモニタースピーカー出力チャンネル個別に使用できるトリムを備えます。
これにより、ステレオから22.2chといったより規模の大きなマルチチャンネルフォーマットまで、あらゆるモニター環境を最適な状態に調整することが可能になります。

?コンソールライクに使用可能なチャンネルストリップ機能
様々な用途を想定してデザインされたMMP1のチャンネルストリップは、8ch全てにトリム、ディレイ、フェイズリバース、HPF/LPF、EQ、コンプレッサー、インサートといった機能が搭載されています。
高品質なボイスオーバー録音や、そのほかプロダクションに求められる様々な用途に対応し、外部プロセッサーやDAWを使った複雑なルーティングの必要性を最小限に抑えることが可能です。

?徹底的に磨き抜かれ洗練された音質
スタジオのモニタリング環境は、サウンドの最終的な出音を決定し、創り出される作品のクオリティに大きく関わります。
そのため、モニターシステム自身のサウンドの解像度や空間表現力は、極限まで磨き抜かれたものが求められます。
伝説的なモニタースピーカーNS-10Mの時代から続くコンセプトである、ヤマハのデザインフィロソフィーはMMP1でも不変です。
ひとつひとつのパーツ選択だけでなく回路の設計細部にまで注意を払いながら、「黄金の耳」を持つ設計者がシステム全体の最適なチューニングを保証するためにテストを繰り返しています。
その結果が、MMP1が生み出す未だかつてないハイクオリティなサウンドなのです。


【製品仕様】

サンプリング周波数:44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHz
全高調波歪率:THD+N=0.0031%, A-weighted, [email protected], GAIN:0dB, Fs=192kHz
周波数特性:20Hz - 20kHz: ±0.5dB
ダイナミックレンジ:110dB, A-weighted
クロストーク@1kHz:-100dB
電源電圧:100V 50/60Hz
消費電力:45W
寸法・質量:480W x 88H x 368D・7.0kg
付属品:電源ケーブル、ゴム脚 x4






カテゴリ